検索
  • 三保谷 泰輔

屋根裏から見つかったもの

前回のブログで、店舗の天井を剥がしてみたら、味わいのある板張りの

元々の天井が出てきたことを書きました。


店舗のセルフ改修は、通常業務の合間を見て、少しずつ進めていましたが、

思いがけない発見があったことで、それまで当たり前に過ごしていた、

仕事場周辺を、無意識にキョロキョロ眺めるようになっていました。


あるとき、それまで気にも留めなかった、天井裏に何かがあるのに気が付き

ました。


でも、埃だらけで上がったら汚れるし、大変そうだから辞めておこう、と

スルーしようと思ったのですが、そこに何があるのか?気になって仕方ない。


そこで、思い切って屋根裏に上がってみました。


すると、昔の生活用品や、何だか分からないモノの一部みたいなものが

たくさん置かれたままになっていました。


大半は、アンティーク品とか、古道具、みたいな魅力的なものでは無かったのですが、

昔、店頭で販売していた、昭和の時代のガラス製品がデッドストックとして見つかりました!


一部は、木箱に入れられ、藁を養生に詰めてあるような古そうなもの!

それ以外にも、昭和の中盤から終わり頃と思われるものが、段ボールに

次々と見つかりました。





余りにも埃だらけで、そのままでは状態が分からないので、屋根裏から降ろして、

暇を見つけては、ガラス製品をひとつひとつ洗って、状態を確認している内に、


店舗を古さを生かした形で、綺麗に改修して、この古いガラス製品を並べたら、

古いけど、今風のスッキリした町家カフェみたいな、空間になるんじゃないか?

というアイデアが浮かんで、これをやってみることにしました。




こうして文章にすると、あっという間に出来たような感じがしますが、

ひとりで、合間を見て作業してるので、この内容に5年くらいかかってます(苦笑)


この写真のパッチワーク木材は、元々ガラスの運搬時に養生用に使われていたものを、

祖父が、天井や壁を化粧する下地の木材として再利用していたものです。


それを、今度は私が解体した時に、写真のようにパッチワーク風に再利用出来るんじゃないか?と思いつき、さらに再々利用したものです。


こうして、少しずつ、身の回りを観察して、気になったところや、気になったもの、

ひらめいたり、イメージが浮かんだことを、形にしていったら、通りすがりの方が、

お店を覗きに来るようになり出しました。


このように、気になったことを、ひとつひとつ実行していくうちに、段々と

身の回りにある「今あるもの生かす」ことをしていくうちに、ご先祖さまや、今の建物、

今ある環境、今ある物を生かして、様々な要素がパズルのピースがはまっていくように、

色んなことが整いつつあるような気がしてきました。


こうして動き始める前は、今は新しい何かに取り組むには、まず、お金を稼いで、

資金を用意しないと何も出来ないとか、今していること以外の何かを探して

無いから始められない、見つからないから出来ない、と堂々巡りをしていました。


でも、こうして「今あるもの生かす」ことを意識し始めると、いかにお金をかけずに、

「良いな!」と感じる空間や、商品をつくり出せるか?を模索することが楽しくなり、

店舗や商品が生まれ、現在の形になっていきました。



つづく



伏見屋ガラス店  店主 三保谷 泰輔




77回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

WEBメディアで記事にして頂きました!

地域に住む人々のリアルな視点から発信しているローカルWEBメディア、real local の郡山版として新たにスタートした、real local郡山の編集部さんに、当店を取材&記事にして頂きました。 郡山で代々営むガラス店としての流れから、店主の私の代で、現在の形になっていった経緯や思いを紹介しています。 店主が大切にしている、「今、あるものを生かす」は、物理的な物だけでなく、地域やそこに住み、暮

​伏見屋ガラス店

〒963-8871

福島県郡山市本町一丁目7番15号

TEL:  024-922-1586

E-mail:  fushimiya-glass@k2.dion.ne.jp

営業時間

火 - 土:9:00 - 18:00

(現場作業等で不定期に

 留守になることがあります)

毎月第2,第4土曜日:9:00 - 18:00

(終日、オープンしています)

休業日

日、月、祝日​

Get our Newsletters
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Pinterest Icon
0